育毛剤の効果を知りたい方は必見|悩みと決別の時

男性

適切なケアで改善できる

婦人

自然治癒も多い

女性の薄毛は男性のものとは根本的に異なります。放っておいても自然に治癒に向かうケースが多く、大半が一時的な症状です。ただし、これは加齢による薄毛を除く場合であり、ある程度の年齢になってから薄くなってきた時には老化によって女性ホルモンが減少してしまったために薄毛になっているということを理解しなければなりません。女性ホルモンは髪の毛を生成したり成長させたりするために重要な役割を担います。その良い例が妊娠中です。妊娠中には女性ホルモンの分泌量が増えて髪の毛はいつもより長い成長期に入ります。しかし、出産と同時に分泌量は急激に減少しますので、抜け毛が増えて薄毛になったように感じます。これも一時的な症状です。

加齢による症状ならケアを

加齢によって薄毛になってしまったら、適切なケアを行わなければなりません。白髪染めやパーマをかけている人は、まずは頭皮が健康な状態かを確かめて、問題がある時には育毛用のシャンプーに切り替えます。本格的な育毛用でなくても良いのですが、洗浄力が強力であったり香料の含まれているシャンプーは刺激が強いので避けなければなりません。次に育毛剤を使ってケアを行うわけですが、必要な成分として筆頭に挙げられるのは女性ホルモンを補うタイプです。足りなくなった女性ホルモンを上手く補給しなければなりませんので、育毛剤を選ぶ時にはその点を重視します。その上で毛細血管を拡張してくれたり毛母細胞に必要な栄養分を届けてくれる等の働きをチェックします。